ライフスタイル 女子力アップの方法 美容法

不眠症をやっつけろ!良質な睡眠をとるための6つの方法♡

更新日:

不眠症で悩んでいる女性って結構多いんです。

「夜なかなか眠れない」「朝早く目が覚めてしまう」

そんな不眠症の悩みをもつ【眠れぬ女子】たちのために、

ぐっすり眠れる身体になるための方法をご紹介します。

スポンサードリンク
スポンサードリンク




不眠症だと気づいてる?

寝る時間なのに、もうベッドに入っているのになかなか寝付けない…

まだ起きる時間じゃないのに、目が覚めてしまう…

その症状、もしかしたら不眠症かもしれませんよ???

不眠症にもタイプがあるよ

不眠症には、いくつかタイプがあります。

下記を参考に、あなたの睡眠パターンを考えて、

どれに当てはまるのかチェックしてみてください。

1.入眠困難の不眠症は、なかなか眠れない、眠るまでに時間がかかる、といった症状です。

2.中途覚醒の不眠症は、眠れるんだけど中途半端な時間に目が覚めていまうのです。例えば2時とか3時とかに目が覚めてしまう...。

3.早朝覚醒の不眠症は、すぐに眠れるし、睡眠途中に目がさめることもないけど、朝早くおきてしまう。例えば4時とか5時とかに自然と目が覚めてしまう。

引用元:ココカラ

>>>不眠症チェックはこちら

不眠症の原因1、ストレスを解消できていない

日々のストレスを貯め込んでしまうと、それが邪魔して睡眠を妨げている可能性があります。

仕事で失敗する夢などを見てしまう人は、仕事にプレッシャーやストレスを抱えているかもしれません。

眠らなければ!!!と思えば思うほど、焦ってしまい眠れなくなるケースも多くあります。

不眠症の原因2、刺激物の摂り過ぎ

コーヒーなどに含まれるカフェイン、そしてアルコールは睡眠の敵です。

少しくらいなら問題ありませんが、過剰な摂取は控えたほうがいいでしょう。

コーヒーや紅茶などに含まれるカフェイン、たばこに含まれるニコチンには覚醒作用があるため、寝る前に取ると眠れなくなることがあります。
アルコールを寝る前に飲むと、夜中に目覚めやすくなります。

引用元:第一三共ヘルスケア

不眠症の原因3、体内リズムが不安定

生活のリズムが不規則な人は、身体が限界を迎えているサインかも!

できるだけ決まった時間にベッドに入るように心がけてみてくださいね。

交代制勤務などで、どうしても不規則な生活になってしまう場合でも、

同じ勤務の間はできるだけ決まった時間にベッドに入る習慣をつけることで、

改善される場合もあります。

不眠症を改善するには?

不眠症を改善するには、「交感神経」と「副交感神経」の働きを改善する必要があります。

交感神経が活性化しているときは、やる気に満ちているとき。

反対に副交感神経が活性化させたいなら、身体をリラックスさせ、休ませる体制に入ることがポイント。

良質な睡眠のための6つの方法♡

①睡眠日記をつける

自分の睡眠時間と、時刻を記入するだけの簡単な睡眠日記。

自分の睡眠時間のリズムの癖がわかります。

②寝るときの明かりに気を付ける

寝る3時間前から、普通の明かりを消して間接照明に切り替えます。

また、寝る直前のスマホなども厳禁です。

③身体を温めてリラックス

身体を温めると脳が「リラックスしている」と勘違いをしてくれます。

④適度な運動を心がける

軽いストレッチなどで大丈夫♡

10分間でもいいから身体を動かすことで、いい疲れを促し眠る準備を整えてくれます。

⑤決まった時間に食事する

特に、朝食をぬいている人は要注意。

できれば毎食決まった時間が理想ですが、仕事上難しい場合には、

朝食を摂ることだけでも気をつけてみてください。

⑥朝起きたら太陽を浴びる

眠い時こそ太陽の光を浴びて、シャキっと気持ちのいいスタートにしましょう。

 

私は眠れない体質だから…なんてあきらめる必要はありません。

良質な睡眠を手に入れて、心も身体もキレイになりましょう。

 


-ライフスタイル, 女子力アップの方法, 美容法

Copyright© ぷに子の女子力アップブログ♡アラサー的自分磨き♡ , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.